会社情報

  1. HOME
  2. >事業紹介
  3. >総菜事業
株式会社藤屋

藤屋の総菜は、おいしさに加えて
お客様に食の安心・安全をお届けします

消費者の皆様、お得意先様の幅広いニーズに対応するため、
藤徳物産株式会社の総菜事業を分社化し2019年10月1日に株式会社藤屋を設立しました。

これまで培った食のスペシャリストとしてのノウハウを存分に生かし 総菜事業を展開しています。
藤屋は信頼される商品づくりをモットーに 自社製造・加工し、地域の皆様のニーズにお応えしています。
衛生面に関しては特に厳しい基準を設け安心・安全でおいしい商品づくりを行っています。

藤屋・藤徳物産・小売店
「藤屋のお弁当・お総菜」

藤屋のお弁当・お総菜は季節にあわせた商品の展開を行っています。おいしい商品をお客様に届けられるよう日々お客様の声に耳を傾け、商品の開発をしています。
総菜工場では毎日お弁当・お総菜・おにぎりを約5万食製造しています。

「健康志向商品」

野菜がしっかり入った健康志向のお弁当やお総菜の開発、全国の国立病院で提供されている献立 (減塩、低カロリー、高たんぱく)に基づく弁当ブランド『からだデリ』の製造も行い、栄養バランスだけでなく、 味と見た目の美味しさにもこだわっています。

「商品開発」

お客様のニーズに対応する為、開発、営業、製造課員が開発会議を通じて新商品の検討を行っております。 「おいしさはお客様が決める」という観点で、味、見た目にもこだわり、容器、規格、ネーミングまでを決定し、お客様の立場に立った商品開発をしています。
今後も、長年培ってきた伝統の味を大切にしながら、時代に沿った味への追求に挑戦して参ります。

株式会社藤屋(本社・清音工場)
「自動炊飯システムの導入」

最新の自動連続ガス炊飯設備の導入により、高品質な米飯商品を提供させていただくことが可能になりました。 白飯、寿司飯はもちろんのこと様々な具飯にも対応しバラエティーに富んだお弁当を提供しています。

「総菜工場の衛生・品質管理」

平成28年春に、一般社団法人日本惣菜協会による JmHACCPの認定を受けました。HACCPシステム導入により、衛生・品質管理の水準を満たした総菜工場で「食の安心・安全」を提供しています。
JmHACCPとは原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、注意すべきポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)しています。万一トラブルが発生したらすぐに生産ラインを停止し、異物混入ならば、いつ発生してどの製品にまで及んでいるのか調査し、異物混入品回収や事故原因を特定して、すみやかに改善策を実施することで不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。

> 一般社団法人日本惣菜協会

スマートフォン版を表示する